【子育て】抱っこひも比較3選!コニー・エルゴオムニ・着る抱っこひもマムジー

妊娠・子育て
スポンサーリンク

抱っこひも比べてみた

0歳5ヶ月と2歳0ヶ月を育てる中で、手持ちの抱っこ紐3つを使うシーンが異なるため、それぞれのメリット・デメリットやおすすめポイントを比較してみました!

持っているのはこの3つ。

  • konnyサマー
  • 着る抱っこひもマムジー
  • エルゴオムニ360クールエア

konnyサマー

新生児の頃から使える、お家での寝かしつけ用として大活躍しました!

メリット

  • 新生児から使える
  • サイズ調整不要のため着脱が楽
  • 持ち運びも嵩張らない
  • すぐに寝てくれる
  • 洗濯してもすぐ乾く

デメリット

  • 肩が上げられないので家事に不向き
  • 生地が伸びるまで使いにくい(7kg以降使いやすい)
  • えび反りした時に勢いよく飛び出そうになる (サポーター取り付け推奨だがガード力低い)
  • サイズ調整不可のため夫婦で兼用できない

エルゴオムニ360クールエア

夫婦で兼用できる、長時間の外出用として重宝しました!

メリット

  • 新生児から使える
  • サイズ調整可能なため夫婦で兼用できる
  • 肩を動かせるので家事しやすい
  • 安定感No.1、抱っこ中寝ても長時間余裕

デメリット

  • 嵩張るので持ち運びに不向き
  • 抱っこしてない時のブラーンがダサい、邪魔
  • サイズ調整が多く着脱が面倒
  • なぜか肩パッドもビブもハムハムしてよだれまみれ

エルゴオムニはコストコでお得に購入。

こちらのブログで紹介しています。

着る抱っこひもマムジー

身軽に外出できる「ママ抱っこ!」対策用。

ディズニーランドやUSJなどテーマパークに行くなら、絶対これ♡

メリット

  • 抱っこしていない時は服なので荷物にならない
  • マタニティ期からおしゃれ着として着られる
  • 抱っこの上げ下ろしが楽、上着着たままでも可能
  • チェアベルトとしても使える

デメリット

  • 夫婦で兼用できない(できるデザインもあり!)
  • トイレが不便(スカートタイプもあり!)
  • 服なので洗濯頻度が高い(もう1着ほしくなる!)

「着る抱っこひもマムジー」は、日本では唯一moto kokoのみで販売。

こちらのブログでも紹介しています。

我が家での使い分け

2歳児はマムジー一択!

基本抱っこはパパですが、パパの両手が塞がっている時やママと行動する時はマムジーです。

その場合、0歳児はベビーカーorパパエルゴ。

0歳児の健診や予防接種はマムジー

まだまだ外出が少ない時期でも、行かなきゃ行けないのが予防接種や保健センターでの健診。

健診のように何度も抱っこの上げ下ろしがある時は、着たままでも不自由ないマムジーが便利です。

0歳児の長時間外出はエルゴ

外出の途中で寝ても安定感抜群。

収納式のヘッドサポーターもあるので、頭ガクンも心配ありません。

0歳児の寝かしつけはコニー

メリットでも書きましたが、本当にコニー抱っこはすぐに寝てくれる!

密着して包まれている感覚がいいのかな?

最近はセルフねんねなので出番が減りましたが、生後3ヶ月くらいまでは手放せませんでした。

こんな人はこれをおすすめ!

1つしか買わないならエルゴ!

使いやすいかはさておき、やはり万能。

寝かしつけに悩んでるならコニー!

これで抱っこしたら不思議と寝てくれる。

歩けるけど時々抱っこな子にはマムジー!

念のためマムジー着とこっていう安心感。

1歳以降はヒップシートも検討していましたが、この感じならマムジーで十分いけるので購入予定はありません!

買うならマムジーのスカートタイプをもう1着♡

プレママ必見! 無料でもらえるAmazon「出産準備お試しBox」

これから出産を迎えるプレママにぜひチェックしてほしいのが、Amazonベビーレジストリの「出産準備お試しBox」

Amazonのベビー版ほしい物リストとなる「ベビーレジストリ」を作成し、ある3つの条件をクリアすると、ベビー&マタニティ商品(最大920円分)が入った詰め合わせを無料で受け取れるんです!

実際、購入前にサンプルでオムツの使用感やサイズなどを試せたのがよかったです。

登録方法や条件、箱の中身などは以下の記事で紹介しています♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました