【妊娠30週】新生児から使える! Joieトラベルシステムを26,880円お得に購入

妊娠・子育て
スポンサーリンク

多用途&コスパ抜群のトラベルシステム

ベビー用品を検討中の方、「トラベルシステム」を知っていますか?

「トラベルシステム」とは、キャリー、チャイルドシート、ベビーカーなど多用途で利用できる万能ベビー用品なんです!

組み合わせ方によって成長に対応でき、さらにコスパ抜群。

中でも車移動の多いご家庭にとっては、赤ちゃんが寝たまま移動できてとても便利だとか!

今回、イギリスブランドJoieの「ベビーシート」「車載ベース」「ベビーカー」のトラベルシステム3点を、定価66,660円(税込)のところ、39,780円(税込)で26,880円もお得に購入したので、ご紹介したいと思います♪

①ベビーシート「Gemm(ジェム)」

まずは、新生児から1歳半頃まで使える「ベビーシートGemm(ジェム)」エンバー

定価17,380円(税込)です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【期間限定最大P14倍】 チャイルドシート|Gemm(ジェム)
価格:17380円(税込、送料別) (2019/12/9時点)


取っ手を持てばキャリーとして利用可能。

さらに、床に置いて取っ手を後方へ倒せばゆらゆら揺れて、バウンサーとしても利用できます。

同じくJoieから発売されているベビーシート「Juva(ジュバ)」の上位モデルで、シェードが開閉可能だったり、取り外し可能なインナークッションがついていたりと、機能も優れています。

また、これ単体でチャイルドシートとしても利用可能。

ですが、シートベルト式で設置に手間がかかるため、カチッとはめ込むだけで使える車載用ベースも同時に購入しました。

②インファントカーシート用「i-base」

ベビーシートと共に購入したのが、ISOFIX対応の車載用ベース「インファントカーシート用i-base」

定価は16,500円(税込)です。


これは普段から車に付けっ放しにしておいて、チャイルドシートとして利用する際に、ベビーシートを取り付ける形で使用します。

①+②でISOFIX対応の新生児から使えるチャイルドシートに!

ベビーシート「Gemm」に車載用ベース「i-base」を取り付けると、ワンタッチでチャイルドシートに!

ベースの上からベビーシートをカチッとのせるだけと、簡単です。

部屋からベビーシートに赤ちゃんを座らせた状態で車まで運び、降りるときは座らせたままシートごと取り外して運びます。

チャイルドシートで寝てしまった赤ちゃんを、寝たまま家に運べるというのもめっちゃ便利!

価格は、今回バースデイにてベビーシートとベースがセットで19,800円(税込)でした。

ベビーシートの使用期間が1歳半頃までなので、その後はベースの上に取り付けられる別のチャイルドシートを購入予定なんですが、2人目に恵まれた場合、チャイルドシートを2台同時に使用するタイミングがでてきてしまうため、ベース無しの単体でも使えるチャイルドシートがいいかも?

またJoieのベースに関しては、モデルチェンジでチャイルドシートとセット販売に切り替わってきているようなので、1歳半頃の状況でベストなものを検討しようと思います。

③AB型兼用(新基準A型)の3輪ベビーカー「Litetrax air」

ベビーカーは、「Litetrax air(ライトトラックスエア)」のクロムを購入。

これは定価32,780円(税込)のところ、コストコで19,980円(税込)にて購入しました。


前輪はパンクレスタイヤ、後輪は振動を吸収するエアタイヤを採用しており、3輪で走行性が良いのが特長です。

ベルト部分は3段階で成長に合わせて調節可能。

前モデルの「Litetrax (ライトトラックス)」に比べると、座面のクッション性はそれなりにふかふかですが、ちょっと物足りないので念のため別で購入予定です。

荷物も下にがっつり入ります。

リクライニングは120〜160度まで可能。

ベビーカーのシェードは一部メッシュ素材なので、ベビーカーを押しながら赤ちゃんの様子を見られる仕様になっています。

また、折りたためて自立もするので、電車移動や収納にも場所を取りません。

ただ、重量10.1kgと女性には少し重いのはネック。

ですが、あんまり軽いものだと赤ちゃんへの衝撃が不安ですし、10kgならなんとか持ち上げられるので、私的には合格点です。

ベビーカー単体使用であれば1ヶ月から3歳頃までですが、ベビーシートを取り付ければ新生児から対面式で使用可能になります。

それがこちら。

①+③で、対面式ベビーカーに変身!

新生児の間は外出する機会もないので、ベビーカーを実際に使うのは1ヶ月以降になると思いますが、ベビーシートと組み合わせれば、対面式に変身させることができるんです!

こちらもベース同様、ベビーカーの上からベビーシートをのせるだけでフロントバーにカチッと固定されます。

上から見れば、こんな感じ。

シェードは、ベビーシート・ベビーカーどちらも降ろすことができ、すっぽり隠すことができます。

UVカットだし、暑い日も寒い日も安心♪

また、ベビーシートを取り付けることで、ベビーカー単体よりも座席部分に高さが出るので、目線に近くなるのも安心ポイント。

そのほか、使ってみないとわからないことがたくさん出てくると思うので、あとは実際に生まれてから定期的に使用の感想をレポートしたいと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました