【奈良 桜井】「談山神社」紅葉と十三重塔の共演が見事! 見頃は12月上旬まで

桜井

奈良の歴史深い紅葉スポット

奈良県桜井市多武峰。「大化の改新」ゆかりの地として歴史深いことで有名な「談山神社」は、秋には約3,000本のカエデが色づく紅葉スポットとしても人気を集めています。

11月中旬〜12月上旬に見頃を迎えるとのことで、秋晴れの日に訪問してきました!

境内は階段こそ多いですが、コンパクトなので短時間でサクッと回ることができますよ。

スポンサーリンク

吊燈籠の「映えショット」は拝殿で

この日は「例大祭」にあたるため参拝客が多く、本殿、拝殿付近はひっきりなしに人が訪れていました。

中でもみんなが揃って足を止めていたのが、この吊燈籠のかかった拝殿の回廊

夕方なので逆光ではありますが、繊細な細工が施された燈籠のバックに、多武峰の山々と赤く染まったモミジが映り込む「映えショット」を撮ることができます。

夕日もきれいだろうなぁ…。

奈良の吊燈籠といえば、万燈籠が催される奈良市「春日大社」が有名ですが、四季折々に見え方が変わるといった点で「談山神社」も負けず劣らず魅力的です。

シンボルは世界唯一の木造十三重塔

「談山神社」一番の見所と言えば、やはり十三重塔!

世界で現存する唯一の木造建築による十三重塔で、「談山神社」のシンボルといっても過言ではありません。

11月17日に訪問しましたが、ちょうどこの十三重塔付近の紅葉の色づきがピークに美しいタイミングでした。

秋晴れの空と真っ赤なモミジ、十三重塔のシルエットのコントラストがお見事。

ちょうどいい位置に丸太の椅子があったので、スマホでセルフタイマーショット。

カバンのポケットにスマホを立てて入れて、10秒ダッシュが定番です。笑

おまけショットに、最近よく聞く「嫁グラフィー」。

うちの夫の場合、いつもカメラかスマホを構えている私が映り込むスタイル。笑

アクセス

近鉄・JR「桜井駅」南口バス停から乗車し約25分、終点「談山神社」下車。徒歩約5分。

境内付近に約200台の無料駐車場あり(中型車以上は有料)。

正面入り口前には旅館、お土産屋、飲食店などがあります。

情報 

住所
〒633-0032
奈良県桜井市多武峰319

電話番号
0744-49-0001

拝観時間
8:30〜16:30(最終受付)

拝観料
大人 600円/小学生 300円

サイト
http://www.tanzan.or.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました