【離乳食】最低限これだけあれば始められた!離乳食準備グッズ

妊娠・子育て
スポンサーリンク

手作りしない派の離乳食がスタート!

息子が5ヶ月になったので、離乳食を開始。

我が家では、

  • 衛生面(季節的に食中毒心配)
  • 栄養面(鉄分摂取は手作りだと難しい)

を重視して、手作りせず市販のベビーフードで離乳食を進めようと思っています。

そのため、離乳食を始めるにあたって最低限必要なものはこれだけでした!

一つずつご紹介します♪

ライスシリアル

離乳食といえば10倍粥からですが、我が家ではライスシリアルを採用。(なぜライスシリアルにしたのかは、また別記事にてご紹介します♪)

ライスシリアルはお湯や母乳、ミルクで溶かすだけで、1分で作れます。

今回はGerber 社製の「DHA&プロバイオティクス 単粒ライスシリアル(227g)」を購入しました。

日本ではAmazonなどでも取り扱いがありますが、非常に高価なため、iHerbで個人輸入がおすすめ。

iHerbでは、レートにより変動がありますが、現在1個518円、送料は約2,000円以上の購入で無料です。

カリフォルニアから発送され、我が家の場合は4日後にもう到着しました!

紹介コードで5%オフ購入可能!

iHerbでは、購入時に紹介コードを入力すると5%オフでお得に購入可能。

紹介コード【CCR6537】

もしお友達でiHerb利用者がいれば、コードを教えてもらうとお友達に喜んでもらえますし、「わざわざ聞くのも面倒かな」という方は、私の紹介コード使ってもらえると私も嬉しいです♪

ベビー用麦茶

お茶は大人も飲むため早く消費できるし、作ってもいいかなと思っていたのですが…。

やはり季節柄、衛生面が気になったので、市販のものにしました。

Pigeonの赤ちゃん用麦茶を西松屋で購入。

離乳食用食器

初日は出産祝いでいただいたお皿を使いましたが、まだ食べる量も少ないので、Seriaの豆皿をメインで使っています。

2〜3皿あれば初めのうちは十分です。

むしろ、形状や深さなど使い勝手がわかってから買い足す方がいいかも。

ちなみにマンボウのお皿は浅いので、液体には不向き。笑

一方、シェルは溝に沿ってスプーンですくいやすかったので、ライスシリアルやおかゆにおすすめ!

今のところは普通の食器用洗剤で洗い、ミルトンに浸けて消毒しています。

離乳食用スプーン

こちらは出産祝いのセットに入っていたmikihouse のものを。

シリコンがいいか、持ち運べるものがいいか…など色々と調べて悩んだのですが、まずは持っている物を使い、食べてもらえなかったら買い直す気で使い始めました。

今のところこれでいけそうなので、しばらくこのまま様子を見ます。

カフェトレイ

これはIKEA購入品ですが、載せられればなんでもいいかと。

食べ終わった食器や汚れたビブ、手口ふきなどをひとまとめにして台所まで運ぶのに便利です。

液体が溢れるのを防ぐためにも、フチが深めのトレイがオススメ。

手口ふき

息子はスプーンを自分で掴みたがるため、食べ終わる頃には口周りだけでなく、手で触ったところ全てがベショベショに。笑

早めに拭かないと、固まってカピカピになるので注意!

食事中は汚れたまま食べさせ、食後に顔、腕、手のほか、ベビーチェアーも手口ふきで拭いています。

シリコンビブ

お祝いでいただいた物を使用しています。

メイクマイデイのシリコンビブは、サイズ感はぴったり。

ですが、結構柔らかめなのもあってか、息子は鷲掴みにしてせっかく受け止めた中身をこぼします。

もう一枚あるmikihouseのものは、サイズ感が少し大きく、ベビーチェアーに座った時にうまく着けられない…。

なのでビブは買い足すかもしれませんが、まずは一枚あれば十分かと。

調理器具は購入せず

とにかく初期は手作りしないつもりなため、調理器具は一切新調していません!

現状、ライスシリアルだと計量スプーンしか使ってないです。
(むしろもう計るのすら面倒←)

来週から始める野菜もco-opで冷凍キューブを購入済なので、これも最初のうちは半分に切るくらいかな?

手作りは、食材そのものの形状を楽しめる時期になってからと思っているので、調理器具も中期以降に必要なもののみ買う予定です。

あとは、最初は膝抱っこだったので今回ご紹介していませんが、ベビーチェアーも購入しました。

こちらはたくさん検討して購入したので、参考になればいいなと思い、改めて記事にさせていただきます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました